Fioに言わせろ!

いろいろ言わせてもらいます

新ブラウザVivaldiがなかなかいい感じになってきたので乗り換えました

Opera ⇒ Firefox ⇒ Vivaldi

Operaが中国の企業に買収されるというニュースを見て、即座にFirefoxに乗り移ったのが数ヶ月前です。

ここの所、Firefoxが重くなってきた実感とともに、以前インストールしていたVivaldiを再び使ってみる気になりました。

Vivaldiを最初にインストールした時はバージョンがまだ1未満だったのですが、今回は1.2にアップグレードです。

アップグレード後、予想以上にサクサク動いてくれたので、いろいろカスタマイズしてみました。

それで、かなり満足度が高かったので、全面的に移行することにしたわけです。

私が考えるVivaldiのポイント

起動スピード・表示スピードとともに速い

すでにかなり旧式となった私のパソコンは、ちょっとした速度の違いが時間的に大きな差となって表れます。

起動・表示ともに速くなったことを体感できるのはいいですね。

Chromeの拡張機能がそのまま使える

といおうか、拡張機能を取得するサイトがそのまんまChromeの拡張機能のサイトだったりします。。。

たとえばOperaの拡張機能であるEvernote Web クリッパーは、産経新聞などの続きページもまとめて読んでくれます。

ところがFirefoxの同じ拡張機能は最初のページしか読んでくれなかったのですね。
今度は(Vivaldiの拡張機能のクリッパーは)、続きのページも読んでくれます。
えがった、えがった。

それと、Copy URL+などのChromeの拡張機能がOpera時代と同じように使えるようになったのはうれしい限りです。

Operaの拡張機能も使える

OperaからChromeの拡張機能を使う時は、それを行うための拡張機能をインストールする必要があります。

でも、VivaldiからはChromeの拡張機能はそのまま使えます。(と言おうか、Chromeの拡張機能をそのまま使う使用だったりして)

VivaldiからOperaの拡張機能と使おうとすると、これはOperaの拡張機能でっせという警告が出ます。

でもそのままとりあえずダウンロードを選びます。

そして拡張子を.nexから.crxに変更。

そしてそのファイルをVivaldiの拡張機能のページにドラッグ&ドロップ。


そうするとなんとOperaの拡張機能が使えるではあーりませんか。
これでYouTubeが、ごにょごにょごにょ、、、

Firefox(やOpera)からの移行が何て楽

移行した時に何が面倒かというと、ブックマークの移行や、ブラウザにパスワードを覚えさせていたサイトに改めてIDとパスワードを入力していくこと。

ブックマークと設定のインポートを使うと、これが南斗水、いや何とすいすいとできてしまうのです。
本当にあっという間です。

セキュリティ的にこれでいいのか、という気持ちは若干なくもないわけではないのですが、便利だからいいんです。

Vivaldiへの要望

実はこれといったマイナス面を今のところ感じてなくて何なんですが、ちょっと気になるところを。

スピードダイアルを出すのがちょっと面倒

まあ、新規タブの+ボタンをポチっとすればいいのですが、アドレスバーのとなりの家のマークや、Alt + Homeで今のページをスピードダイアルにしたい時って最初どうすればいいか迷いました。

結論的には、設定の起動タブでホームページを「chrome://dummystartpage」とすればOKです。

ちなみにここはいずれ「vivaldi://startpage」にならないと変だとは思いますが。

スピードダイアルへの登録をもうちょっと簡単にしてほしい

今閲覧中のページをスピードダイアルに登録したい時、ページを右クリックするかタブを右クリックしたらスピードダイアルへの登録コマンドが出てほしいです。

ブックマークの中にスピードダイアルがあるので、WEBパネルのブックマークを開いてドラッグしたり、Ctrl + Dで登録するときに保存場所をスピードダイアルにしたり、アドレスバーの右の方の一反木綿マークをクリックして保存場所をスピードダイアルにすることになりますが、一発でできるといいなあ。