Fioの素敵な日々

日々の出来事や何やらをつれづれに

真田丸は3回目も面白かった

真田丸は3回目も面白かった

ここ数年、大河ドラマはほとんど見ていなかったのですが(そもそもテレビ自体全くと言っていいほど見てませんでしたが)、今年の真田丸は惹きつけられるものがあります。

とにかく脚本がうまいと思います。

軽快なテンポの中で、登場人物それぞれの特徴がよく現れています。
しかも、シリアスな展開の中でもユーモアが散りばめられていたりもします。


今回は、まず徳川家康がよかったですね。
なんだかんだ言いながら、実は何かと小心者で、血を見るのが嫌いなんじゃないの?と言うことが、見ている人にじわじわっとわかってきます。

信繁とキリのやり取りもなかなかです。
梅に思いを寄せる信繁と、信繁に思いを寄せるキリが、学園モノの主人公とヒロインそのもののやり取りに見えてきます。

そして本題の謀略の部分。
上杉からの書状もそうですが、みんな騙されています。
その騙し方、騙され方、全体のストーリー構成が巧みで素晴らしい。

こういう展開は同じ場面を何度も見たくなります。
次回にも十分期待してしまいます。

これは来週も見ないといけないかな。