読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fioの素敵な日々

日々の出来事や何やらをつれづれに

【Script】編集中のテキストをEvernoteに送るEmEditorのマクロ

EmEditor

digitanu.hateblo.jp
の中で触れた方法の一つで、ENScript.exeを使って、
編集中のテキストをEvernoteに送るEmEditorのマクロです。

この方法の利点は、テキストの一行目を自動的にタイトルにするのではなく、
ファイル名をタイトルにすることができることです。

ToEvernote.vbeeの名前で保存し、EmEditorのマクロに登録します。

'Evernoteフォルダの中のENScript.exeのパスを指定
Const ENScript = """C:\Program Files (x86)\Evernote\Evernote\ENScript.exe"""

Set WS = CreateObject("WScript.Shell")
Set FS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
'上書き保存
editor.ExecuteCommandByID 4099
'文書のパスを取得
FilePath = document.FullName
'実行します
WS.Run ENScript & "CreateNote /s  """ & FilePath & """ /i """ & FS.GetBaseName(FilePath) & """", 0

参考までに、ここでつかったCreateNoteのオプションは、

  • /s filename - ノートのテキストを含むファイルを指定
  • /n notebook - ノートブックの名前を指定(指定した名前のノートブックが存在しない場合、同ノートブックが作成されます)
  • /i title - ノートのタイトルを指定
  • /t tag - ノートに適用するタグの名前を指定
  • /a filename - ノートに添付するファイルを指定
  • /c date - ノートの作成日時を "YYYY/MM/DD hh:mm:ss" 形式で指定(省略した場合、現在の日付と時刻)

となっています。

広告を非表示にする