Fioの素敵な日々

日々の出来事や何やらをつれづれに

◯◯力という造語に違和感を感じる

Fioです。ブログ力とか造語を作って引き合いに出そうと思ったら、すでに存在していて困惑しています。

その一、何か単語を考える
その二、その単語に「力」という言葉を付け足してみる
その三、できた言葉のイメージで適当に定義文を作り、その力が以下に重要かを力説する

はい、簡単ですね。
あとは同じことを考える人が出るのを待つだけです。稀に有名人やマスコミが取り上げられたりするとブレークするという宝くじのような幸運もあります。

でも、往々にして今まで重要とされてきたような能力について言い換えただけで、新しい概念のために新しい言葉が必要となったというわけではないですよね。
それをさも自分が発見した新しくて重要な力であると力説されてしまうと、どうしてもちょっと~と思って引いてしまうわけです。
ただ単に言葉遊びの自覚を持っていれば救いもあるかもしれませんが。

さらに、続く悲劇は、それを上司やら上部機関が見つけてきて、流行りだからと今後の新しい方針の中に組み込まれてしまったりすることです。
どことは言いませんが、切にやめてほしいと思っています。