Fioの素敵な日々

日々の出来事や何やらをつれづれに

Google Chromeそっくりな「SRWare Iron」の利点はセキュリティ重視

SRWare IronはなぜGoogle Chromeそっくりなのか

Google Chromeは、オープンソースの「Chromium」を元にしてGoogleが機能を拡張して世に送り出しているブラウザです。
SRWare IronもそのChromiumを元にしているブラウザで、そのため使った感じもそっくりなばかりか、Google Chromeのテーマや拡張機能がそのまま使えてしまうのです。外見ばかりか使い勝手までそっくりになります。

Google ChromeにそっくりなのにSRWare Ironを使う意味があるのか

SRWare Iron - The Browser of the Futureに、開発元のSRWareによるGoogle Chromeとの機能比較の表が載っています。そこを見ると、Google Cromeの問題点として次のようなことがあげられ、SRWare Ironには存在しないと述べられています。

Installation-ID(インストレーションID)

「Google Chromeはインストール番号を生成し、インストール後と初回起動後にGoogleに送信します。それは初回アップデート時に削除されますが、キャンペーン時にはユニークなプロモーションコードが生成されGoogleに送られるかもしれません。SRWare Ironには存在しません」

Suggest(サジェスト機能)

「設定により、アドレスバーに入力した文字は常にGoogleに送信され、その情報はサジェスト機能のもとになります。SRWare Ironには存在しません」

Alternate Error Pages(別のエラーページ)

「設定により、アドレスバーに間違ったアドレスを入力すると、Googleにそれが送られ、Googleからのエラーメッセージが表示されます。SRWare Ironには存在しません」

Error Reporting(エラーレポート)

「設定により、クラッシュするとその詳細がGoogleに送られます。SRWare Ironには存在しません」

RLZ-Tracking(RLZトラッキング)

「このChromeの機能は、例えばCromeがダウンロードされた時などにコード化された情報をGoogleに送るものです。SRWare Ironには存在しません」

Google Updater(Googleアップデータ)

「Cromeはアップデータをインストールし、それはWindowsが起動するたびに常駐する。SRWare Ironには存在しません」

URL-Tracker(URLトラッカー)

「Googleのホームページが開かれた5秒後に密かに起動するように設定されているものです。SRWare Ironには存在しません」


つまり、SRWare Ironは、インストール情報などを送信するような機能は削除しているので、セキュリティ的に大丈夫ですよということです。
その他に、SRWare Ironでは、広告ブロックやUserAgentの切り替え機能があります。公式サイトにPortable版もあって、USBで持ち運びもできるようになっています。速度もサクサク動く方なので、いいブラウザを探している時は、検討の対象にできる感じです。