Fioの素敵な日々

日々の出来事や何やらをつれづれに

「新しいOffice」(Office2013)入れました

Office2013をインストールしてみて

Office2010を購入しようと思い立った時がOffice2013への無償アップグレード期間だったこともあり、せっかくなのでOffice2013(いつの間にかサイトでは「新しいOffice」にかわっていました)をインストールしてみることにしました。

ログインしてクラウドと連携しながら使う所など、結構インターネットアプリを意識しているなあと感じながらあれこれ触っていると、なんとOutlook2013の最初の起動の際にエラーが。。
この原因はEvernoteのアドインを読み込もうとした時に起きたらしい。多分使わないアドインなので有効にせずにして起動。

見かけはOffice2010に比べてフラットな感じ。好みの問題もあるでしょうが、個人的には悪くない。
起動はOffice2010よりも若干速いように感じました。

心配していたCDOへの影響ですが、インストール後も普通にメール送信できたのでえがった、えがった。

困ったこと

Office2010を残したままインストールされたわけですが(特にインストールの際の設定にはなくこれがデフォルトかな)、Office2010と2013を切り替える際に環境構築のために待たされます。
うかつに.docファイルを起動した暁にはしばらく待たされてしまうわけです。Office2013で開きたかったのにぃ。

もちろん、.docをWord2013に関連づけしようと思ったのですが、それができない。実行ファイル(Office15のフォルダにあります)を指定しても出てくるアイコンはWord2010(とLibreOffice)のものだけです。
.docxの方はWord2013が出てくるのでそちらにしましたが、.dpcや.mdbを2013の方で開きたい時は関連づけで起動できなくて面倒。。もう世の中は.docxの時代かなあ。

それと、Access2013の起動がAccess2010と同様遅くなってます。これはAccess2000の怒涛の素早さと比べるのがいけないのかもしれませんが。

VBS(WSH)からの操作

次のような、ワードを起動してクリップボードから文字列を貼り付けるスクリプト(word.vbs)を作ってどのWordで開くかテスト。

'ワードのインスタンスを形成
Set objWord = CreateObject("Word.Application")
'可視化
objWord.Visible = True
'新規文書を作成
Set objDoc = objWord.Documents.Add
'クリップボードから貼り付け
objWord.Selection.Paste

Word2013が開きました。

広告を非表示にする